Seka

新入社員インタビュー

INTERVIEW

新入社員にフォーカスをあて西華産業に決めた理由、
入社してからの業務の様子や今後の目標など、
様々な角度からインタビューした内容を掲載しています。
未来の自分をイメージしながら、ご覧ください。

  • 2018年入社 四国支店
    内山 陸 RIKU UCHIYAMA
  • Q1.入社の決め手と入社後の印象は?

    商社に憧れ、就職活動では多種多様な商社を訪問。その中でも、とくに社内の雰囲気が良く、また自分自身のキャラクターにも合っていると感じたのが西華産業でした。「商社=海外」というイメージが強いかと思いますが、当社の場合、部署によっては海外とほとんど関わらない部署もあります。また、私の身近な上司の方々は、“オン”と“オフ”のメリハリがはっきりしている方が多く、休日に初めて一緒にゴルフに行ったときは驚きました(笑)。

  • Q2.日々の業務と今後の目標は?

    引合いの入手から契約交渉まで、一連の営業業務を担当。並行して、まめにお客様を訪問して情報収集を行ったり、新たにPRできる商材を求めて展示会に参加するなど、新規の引合い獲得を目指して動いています。初めは、製品の名称や専門用語を理解するのに苦労しましたが、打合せの回数を重ねるうちに、少しずつ話についていけるようになりました。一営業としてお客様との信頼関係を築き、自らPRしたいと思える製品を携え、新規商談につなげていきたいです。

  • Q3.就活生へのメッセージ

    入社した会社に定年まで勤務し続ける場合、人生の約40年間もの期間をそこで過ごすことになります。だからこそ、就職先を選ぶ際には、何より社内の「雰囲気」を重視した方が良いと思います。嫌々働いても自分がしんどいだけだと思うので、自分が直感で「行きたい」と感じたところへ行くべきではないでしょうか。ぜひ色々な会社の説明会に参加して、そのなかで西華産業を選んでいただいた方は、一緒に頑張っていきましょう!

  • 2018年入社 広島支店
    金城 巨樹 NAOKI KINJOU
  • Q1.入社の決め手と入社後の印象は?

    学生時代から「海外で働く」のが夢で、就職活動では商社を中心に様々な企業を訪問。従業員数300名程ながら、世界中に拠点がある西華産業ならその夢を実現しやすいはずだと考え、入社を決めました。商社の仕事については、新商材の提案や新規事業への投資などの華やかな業務ばかりを想像していましたが、自社の技術を持たない商社がお客様やメーカーに必要とされるためには、自社の存在意義をいかに発揮していくかが問われると感じています。

  • Q2.日々の業務と今後の目標は?

    重工業のお客様を複数担当し、引合いの入手から商品の納品スケジュール管理まで、一連の業務を行っています。お客様との打ち合せでは、専門的な技術の話題についていくため、常にメモ帳を携帯。分からない用語は漏れなくメモして、後から調べるようにしています。海外支店での勤務を目指し、目の前の業務に全力で取り組むことで、海外で通用する人間へと成長していきたいです。

  • Q3.就活生へのメッセージ

    幅広い業界・業種の話を聞くことができるのは、人生において就活の時期だけなので、楽しみながら就職活動を乗り越えていただきたいです。そして、就職した会社に「100%満足」だと感じられる人は、本当に稀な存在だと思うので、肩に力を入れすぎずに頑張ってください。(私は、西華産業に入社できたことに100%満足しています。)

  • 2018年入社 大阪機械第二部
    河野 楓加 FUUKA KOUNO
  • Q1.入社の決め手と入社後の印象は?

    「将来は海外で働く」という目標を、西華産業なら実現できそうだと強く感じたことが入社の決め手です。また、一次面接から部長職が3名出席していたことも、採用に力を入れていることが伝わり好印象でした。世の中に広く浸透している様々な商品に、実は西華産業が関わっていると知ったとき、影響力の強さを感じます。また、お客様の工場内部など、普通なら入ることのできない“現場”を訪問できるのも、面白さの一つだと思います。

  • Q2.日々の業務と今後の目標は?

    当初は、お客様との接し方が分からず打合せで緊張してしまうことがありましたが、入社2年目の今では、先輩の担当するお客様を顧客営業として徐々に引き継ぎ、打合せや製品PRを行っています。今の私の力で海外に出ても、何ができるのかは未知数。まずは目の前の仕事に着実に取り組みます。また、女性総合職にとってより働きやすい職場になるよう、私自身も先輩方を見習いながら、女性ならではの働き方を見出していければと考えています。

  • Q3.就活生へのメッセージ

    就活中には、それまで出会ったことがないような人や企業との出会いがあり、ときに圧倒されて自分が出せない場面があるかもしれません。でも、就活とは勝ち負けではなく、自分が大切にしたいこと、やりたいことを「実現できる場所」を探すことだと思います。入社してすぐには、自分の希望を叶えられる環境は用意されていないかもしれませんが、目標を見失わなければ頑張り続けられるのではないでしょうか。

  • 2018年入社 大分支店
    押江 智仁 TOMOHITO OSHIE
  • Q1.入社の決め手と入社後の印象は?

    メーカーのような縛りがなく、幅広い製品を扱うことができる商社の営業に憧れていました。なかでも、産業の根幹である機械を中心に取り扱えるところに魅力を感じ、西華産業を選びました。一般的には華やかなイメージで語られることの多い商社ですが、実際には、お客様のところへ足しげく訪問するような地道で愚直な営業力が求められる仕事です。

  • Q2.日々の業務と今後の目標は?

    先輩社員の指導のもと、発電設備のメンテナンスに関する業務や顧客営業として機械部品の取引を担当しています。お客様とメーカーの間をとりもつ立場として、双方の意図を“正確に汲み取り”、“正確に伝えること”をいつも意識していますが、技術的な内容の場合は苦労することもしばしばです。今の目標は「信頼される営業」になること。クイックレスポンスと誠意ある対応を自らに課しています。

  • Q3.就活生へのメッセージ

    ほかでもない自分の将来のことなので、自分自身と向き合いながら頑張ってください。社会人になれば、一日の大半の時間を、仕事をして過ごすことになります。「自分が本当にやりたいこと」が何なのかを、考えてみてください。