内部統制

 

内部統制システムに関する整備状況

当社は、当社および当社子会社から成る企業集団(以下、「当社グループ」という)として健全な経営と継続的な事業の発展により社会的な責任を果たすため、会社法で定められた業務の適正を確保するための体制を以下の通り整備しております。

1. 取締役・執行役員および使用人の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するための体制

  1. 社長直轄のコンプライアンス室、内部監査室および輸出管理委員会を設置し、コンプライアンス室は遵法体制の整備および遵法活動の推進を行う。また、内部監査室は当社グループにおける遵法体制の整備および遵法活動の推進に係る内部監査による評価を行う。さらに、輸出管理委員会は安全保障輸出管理を適切に実施する。
  2. 取締役・執行役員および使用人のコンプライアンス違反行為が内部通報などにより明らかになった場合には、内部通報制度規定に基づき、速やかな問題解決および是正を行う。
  3. 当社は、内部通報制度規定に基づき、報告者に対し不利な取扱いを行わないことを確保する。
  4. 反社会的な活動や勢力とは対決し、関係を一切持たないことをコンプライアンスマニュアルに定め、接触を受けた場合には弁護士、警察等と連携し、組織的に対応する。

2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

  1. 取締役の職務の執行に係る上程書、議事録等重要文書は、取締役会規定、経営会議規定および文書管理規定に基づき、適切に保存および管理し、取締役および監査役が常時 閲覧できるものとする。

3. 損失の危険の管理に関する規定その他の体制

4. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

5. 当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

6.監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制と当該使用人の独立性および指示の実効性の確保に関する事項

7.監査役への報告体制およびその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制