内部統制

 

内部統制システムの基本方針

当社は社是である「社業の発展を通じ社会に貢献する」のもと、法令・定款に適合し、適正かつ効率的な業務遂行を通じた企業価値の向上を図るため、会社法および会社法施行規則に基づき、当社および当社子会社から成る企業集団(以下、「当社グループ」という)の業務の適正を確保するための体制を以下の通り整備する。

1. 取締役・執行役員および使用人の職務の執行が法令・定款に適合することを確保するための体制

(1)コンプライアンスに関する体制

  1. 社長直轄の輸出管理委員会を設置し、「輸出管理規定」を定め、安全保障輸出管理を適切に実施する。
  2. 取締役・執行役員および使用人のコンプライアンス違反行為を早期に発見するために、内部通報体制を構築する。また、「内部通報制度規定」を定め、適切に運用し、報告者に対し不利な取扱いを行わないことを確保する。

(2)内部監査に関する体制

(3)反社会的勢力の排除

(4)財務報告の適正性を確保するための体制

2. 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

(1)情報の保存・管理体制

  1. 取締役の職務の執行に係る情報は、「取締役会規定」、「経営会議規定」および「文書管理規定」に基づき、文書または電磁的記録媒体で記録し、適切に保存および管理し、取締役および監査役が常時閲覧できるものとする。

3. 損失の危険の管理に関する規定その他の体制

(1)職務権限の制定

(2)情報セキュリティ体制

(3)部門別によるリスク管理体制

(4)全社的なリスク管理体制

(5)監査、モニタリング体制

4. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

(1)取締役会

(2)経営会議

(3)執行役員制度

5. 当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

(1)子会社の取締役の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

(2)子会社の損失の危険の管理に関する規定その他の体制

(3)子会社の取締役の職務が効率的に行われることを確保するための体制

(4)子会社の取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制

6.監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の取締役からの独立性および監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

(1)補助使用人とその独立性

(2)補助使用人の人事

7.監査役への報告体制、監査役の職務の執行について生じる費用に関する事項、およびその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

(1)報告体制

(2)監査費用

(3)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

8.内部統制システムの基本方針の見直し

(1)改定

詳細はこちら