空気流量計

  • 電力事業
  • 化学・エネルギー事業
  • 産業機械事業

空気流量計

測定機器

特徴

ボイラー燃焼の効率化が可能!!

①空気流量計、②石炭(微粉炭)流量計、③未燃カーボン計(UBC) 
これらの製品を通して石炭火力等におけるボイラー燃焼効率の改善を図ります。
他に無い測定方式で、燃焼時の燃料と酸素のバランスを測定管理します。
排出される灰の未燃カーボン分も測定することで、
「総合的に燃焼効率の分析改善」を行います。
※ 過去20年間で、世界20ヶ国以上、200台以上を販売

メリット

  • 燃料費の削減(コスト)
  • IDF電気代の削減(コスト)
  • 未燃カーボン分の減少(再販率UP→コスト)
  • 燃焼効率の最適化(ボイラー負荷減→コスト)
  • Noxの削減(排ガス規制)
  • アンモニア消費量の削減(コスト)
  • 排ガス現象によるCO2の削減

原理

機器構成

アプリケーション

火力発電等石炭燃焼プラント

仕様

Technical Data

装置名McON Air/McON Air SIL(空気流量計)
計測原理Cross Correlation
計測範囲0-100m/s
精度±2%
再現性99.95%以上
ドリフト0%
メンテナンス/クリーニングなし
直線性100%
キャリブレーションなし
対象温度10-1000℃(50-1800F)
ダストロードレンジ10mg-3000g/m³
安全基準SIL 2
中継箱寸法380mm x 300mm x 155mm
材料鋼板
オプション鋼板 enclosure AE 1004.600
塗装Powder coated RAL 7035
保護等級IP66, NEMA4
重量10kg
据付壁掛け
電源1-230VAC / 50-60Hz
電源消費最大ax. 0.8A(115VAC/24VDC)
リモートアクセス0.4A(230VAC)
推奨ブレーカー10A
温度範囲(操作時)(-)20~55℃
温度範囲(保管)(-)20~65℃

※上記仕様は、予告なしに変更される事がありますのでご承知おき下さい。

この製品に関するお問い合わせ

ご質問・ご相談などお気軽にご相談ください